数日前に高架部下というある程度細長い道を歩いていたときの思い出。
 いきなり、狭苦しいカウンターから「タピオカドリンクはいかがですか?」と普通にタイプを進めてきてくれた女大学生がいました。そのマミーとお交際を継続できるか何とかについてはまだまだ断じて分かりませんが、オリジナル市(不要商圏のオリジナルのみの事柄で美術家さんが作品ですタイプを発表販売出来る事柄)へお誘いをしました。
 今月の開始分け前に関しては、その方に日雇いの切り替えが塞がり、難しいとのことでした。ただ、次月の事柄については、いまだに腹づもりがどうなのかを聞いてはおりません。
次月開始の事柄は、できるだけ一緒に見に行きたいなと思います。お互いにタームとスペースを共有して楽しむ事がやれることが一番の条件だ。ただ、年齢の差が15場合あるので、一年中お交際をしてみて、こちらのスタミナが持つかどうかを見極めたいところです。顔付きは、割り方若い集まりに入ると言える自身ですが、内面的には年齢相応ではないかと思っています。エピレ ワキ